タイヤの溝の深さについて

| 未分類 |

タイヤは走り続けていくうちに、少しずつすり減っていきます。

タイヤには、スリップサインという寿命を知らせる印があり、その場所はタイヤの溝

の中にある一部分だけ盛り上がった所で、タイヤの横には△のマークがついています。

スリップサインは、その深さが残り1.6mmになると表れ、スリップサインが出たタイヤ

を装着し続けると、整備不良となり道路交通法の違反にあたります。

新品のタイヤは、約8mm程度の深さがあり、半分の4mmを過ぎたあたりから性能が低下

する事から、残り4mm程度の状態で交換するのが理想です。

また、スリップサインが出たタイヤは、雨の日に路面とタイヤの間に水が入り込み、

タイヤが道路から浮き上がるハイドロプレーニング現象が起こり、スリップしやすく

なる事から非常に危険です。

タイヤの残りの深さは、ノギスとよばれる測定器を使いますが、10円玉でも代用出

来ます。
10円玉の10の字の上は外側から丁度4mmである事から、10円玉を差し込んで真横か

ら見て10の字が全て見えている様であれば4mm以下で、目安として利用する事が出来

ます。

タイヤの消耗は、非常に危険で、運動性能の変化に気がつかないドライバーも多い

事から、定期的に測定する事が大切です。