タイヤは素材をゴムで製造されていますが、その地面に接触する部分には溝がある

ことを確認することが出来ます。その役割は、雨が降った時などで接触している面

の水を逃がす役割があり、それがあることでスリップせずに、雨の日でもグリップ力

を維持して走行できるのです。

ただ毎日走行を行なっていると徐々に摩擦により磨り減る現象が起こり、ほとんど

なくなった状態となります。そうなると走行していても、ブレーキを踏んだ時に

スリップしやすくなる現象が起こり、特に雨の降った日などでは非常に危険な状態

となります。

そして溝の深さの限界は1.6mmですが、サイド部分のスリップサインを示すマークが

あり、その三角部分の上の方のラインが調度、1.6mmの深さであることを確認するこ

とが出来ます。つまり、スリップサインを超えた状態での走行は危険となり、道路運

送車両の保安基準に違反した状態となります。

もちろん、車検でも通ることはありません。そのため、このスリップサインを超えた

状態では、新しく交換する必要があります。ちなみに1.6mmを超える基準は、自動車の

制動距離がそれを境に大きくアップすることに基づいて設定されています。

1.6mmを超えて磨り減ってしまうと制動距離が、正規の状態より倍近くかかる可能性も

あり危険です。