最近の新しい自動車には、最初からスペアが付いていないのが多いそうです、

そういえば道路の路肩に故障やパンクで車を止めている姿はほとんど見かけな

くなりました。

道路状態や車の性能が良くなってきているからでしょうか、車に乗る前には正常な

状態で有るかを、車の外観を見まわして、異常が無く安全であることを確認する事

が義務付けられていますが、そんな事をすることも無く当たり前にそのまま乗りこん

でいます。
忘れがちなのが前後倫トスペアの空気圧ですが、見てペチャンコになっていない限り、

エアーは適正に入っている物と思ってしまっていますが、知らない間にエアーは徐々

に少なくなっております。

見た目には分からないのでそのまま乗って、アスファルトの滑らかな道を快適に

飛ばしますと、大変危険な事になります。

空気圧が低いまま走りますとタイヤが波打ってきます、それが高速になれば成るほど

波が大きくなって、ホイールから外れたり、バーストをしたりします。

高速走行時にバーストをしますと、ハンドルが取られて思わぬ方向に車が走り大事故

となります、それが前輪ですと最悪の場合は車の横転という事にもなりかねず、大怪我

だけでは済まないかもしれません。

車に乗る前の僅か1・2分の点検を、疎かにしないようにしたいものです。